施設案内

ハッピーヒルは雄大な霧島連山が見渡せる開かれた環境の中「地域の一員として、利用者全員が当たり前の生活を」目標に、障がい特性に合わせた適切な支援を行い、将来、地域社会へと生活の場を移す際に必要な生活の自立訓練等を、共同生活を通して明るく楽しいサービスを提供しています。

施設案内

敷地面積4540.30㎡
建物面積2384.52㎡(3階建て)※屋上あり
居室の種類1人部屋…34室
2人部屋…10室
浴室男性浴室 1カ所
女性浴室 1カ所
トイレ各階に男女1カ所
作業棟1カ所

ハッピーヒル職員体制

施設長常勤・兼任…1名
事務員常勤・専従…1名
サービス管理責任者常勤・専従…1名
常勤・兼任…1名以上
生活支援員常勤・専従…19名以上
看護職員常勤・専従…1名以上
管理栄養士常勤・専従…1名
清掃員非常勤・専従…1名以上
嘱託医2名
協力医療機関3カ所
外部講師
【言語聴覚士】
毎週水曜日13:30~15:00

サービス利用の対象者(利用の要件)

障害者総合支援法により定められた、施設入所支援と生活介護(日中活動の場)をおこなっています。障害支援区分の認定を受け、生活介護を受けている方で障害支援区分が区分4(50歳以上は区分3)以上の方を対象としています。(※詳細についてはお問い合わせ下さい)

支援内容

障害者総合支援法により定められた、施設入所支援事業(夜間支援)と生活介護事業(日中活動)を一体的におこない、365日24時間 利用者様の生活を支える支援を行っています。

生活介護事業

創作活動又は生産活動の機会の提供と生活能力の向上のために必要な支援等を行っ ています。

ア. 利用対象

療育手帳の交付を受けた方で、市町村より支給決定を受けた方として、次に掲げる方

  • 障害支援区分が区分3以上(障害者支援施設に入所する場合は区分4)以上である方
  • 年齢が50歳以上の場合は、障害支援区分が区分2以上(障害者支援施設に入所する場合は区分3)以上である方
  • 生活介護と施設入所支援の利用の組み合わせを希望する者であって、障害支援区分が区分4(50歳以上は区分3)より低い者で、指定特定相談支援事業者によるサービス等利用計画案を作成する手続きを経た上で、市町村より利用の組み合わせの必要性が認められた者
イ. 利用年齢

18歳から65歳未満

ウ. 利用定員

55名

エ. 利用日

月曜日から土曜日とし、祝祭日及び12月29日から1月3日までを除き、事前時に定められた当該月より8日と控除した日数

オ. 利用時間

9時30分~16時00分

カ. 利用期間

定めなし

キ. 利用料金

福祉サービス料金(自己負担の上限あり)

食費の実費負担(昼食:600円)※収入が一定額以下の方への食事の軽減処置あり。個人的な余暇グッズや嗜好品は実費負担(ジュース・おやつ等)

ク. その他(支援内容)
【余暇活動支援】
  • 制作活動
  • レクレーション活動
  • リラックス支援(エアーマッサージ・スヌーズレン) 等
【苑外活動】
  • 苑庭散歩
  • トランポリン 等
【機能訓練】
  • SST支援
  • 言語療法(毎週水曜日) 等
【専門療育】
  • 自閉症療育
【生産活動】
  • 紙すき活動
    ※焼酎パックのリサイクル活動、名刺やメッセージカードを販売中
【外出支援】
  • 買い物支援
  • 交通教室(宮崎県福祉総合センター 児童交通遊園利用) 等
【地域移行支】
  • グループホーム体験利用
    ※同法人の「障害者グループホームはっぴーはうす」と連携し支援を行います。
年間行事
4月花見ドライブ
5月苑庭バーベキュー
6月1泊旅行
7月ビアガーデン・サマーフェスティバル
8月納涼そうめん流し
9月成人施設球技大会(宮崎県知的障害者施設協議会)
10月奨禮会 ふれあい祭り
県西地区レクリエーション交流会 (宮崎県知的障害者施設協議会)
11月1泊旅行
イルミネーション点灯式
12月ハッピーパーティー
餅つき
1月新年会
2月いちご狩り

短期入所事業

主に夜間において、入浴、排せつ、食事の支援と生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援を行っています。

ア. 利用対象

利用対象(主の対象は知的障害者)

  1. 在宅(地域)で生活をされている障害者及び障害児の方で、市町村が発行する障害福祉サービス受給者証の中で短期入所の支給決定を受けている障害支援 区分1以上の方。
  1. 障害児に必要とされる支援の度合に応じて厚生労働大臣が定める区分における区分1以に該当する障害児
イ. 利用年齢
  • 障害者:18歳以上の方
  • 障害児:未就学児以外の方で要相談
ウ. 利用定員

定員3名(空床型50名)

エ. 利用日

定めなし。※ひと月前より利用申込可

オ. 利用時間

定めなし

カ. 利用期間

市町村が発行する受給者証により支給された一月の日数以内

キ. 利用料金

福祉サービス料金(自己負担の上限あり)
食費の実費負担(朝食:350円、昼食:600円、夕食500円)
※収入が一定額以下の方への食費軽減あり。個人的な余暇グッズや嗜好品は実費負担(ジュース・おやつ等)

日中一時支援事業

日中において一時的に見守り等の支援が必要な方の日中における活動の場を確保し、障害者等の家族の就労支援及び障害者等を日常的に介護している家族の一時的な休息を目的としています。

ア. 利用対象

都城市及び三股町、高原町、曽於市で生活をされている障害者及び障害児の方で、市町村が発行する「障害福祉サービス受給者証」の中で日中一時支援の支給決定を受けている方。

イ. 利用年齢
  • 障害者:18歳以上の方
  • 障害児:未就学児以外の方で要相談
ウ. 利用定員

定員4名

エ. 利用日

定めなし。※ひと月前より利用申込可

オ. 利用時間

宿泊を伴わない時間

カ. 利用期間

市町村が発行する受給者証により支給された一月の日数以内

キ. 利用料金

福祉サービス料金(自己負担の上限あり)
食費の実費負担(朝食:350円、昼食:600円、夕食500円)
※収入が一定額以下の方への食事の軽減処置あり。個人的な余暇グッズや嗜好品は実費負担(ジュース・おやつ等)

利用までの流れ

利用の相談・申請(障害福祉課又は相談支援を提供する事業所に相談)

※障害支援区分の認定を受けていない方は認定の手続きを行って下さい。
※生活介護と併せて施設入所支援をご希望された方で、定員に足している場合は待機登録をさせていただく場合があります。

STEP
1

サービス等利用計画案の作成依頼・提出

STEP
2

支給決定・受給者証の交付

※サービス担当者会議にて利用者様の情報確認、サービスの希望を確認させていただきます。

STEP
3

サービス等利用計画書の作成

STEP
4

サービス事業所との契約

STEP
5

サービス開始

※短期入所・日中一時をご希望される方は、ひと月前より利用申込可能となります。(5月分の予約は4月1日から受付開始となります)
※冠婚等により翌月以降の予約をご希望される場合はご相談下さい。

STEP
6

広報誌:ハッピーロード

ハッピーヒルで過ごしている仲間達の、数々の楽しい思い出を道に例え「ハッピーロード」として発行し、ハッピーヒルで生活している皆さんのことを、たくさんの方に知ってもらいたい!そんな思いから、始まりました。
日々、前進!うまくいかない日もあるけれど、今日もハッピーヒルでは、たくさんの笑い声と笑顔で溢れています。
このハッピーロードを通して、皆さんにハッピーヒルのことを知って頂けたら、嬉しいです。
ぜひ、ご覧ください。

アクセス

〒885-0112
宮崎県都城市乙房町2194番地1
TEL:0986-37-3910
FAX : 0986-37-3912